• 2010年1月 海外出張 まとめ

    Posted on Jan 31, 2010

    Cinq essentiel blog【サンクエッセンシャルブログ】をご覧の皆様こんばんは。店主のフジワラです。

    一昨日、無事に帰国致しました。
    珍しく時差ボケや体調を崩すこともなく、帰国したその日から出勤するハードなスケジュールをこなすことが出来ました。

    さて、今回の海外出張では、今までにも増して自身を持ってお勧めできる良い商品をたくさん見つけてくることが出来ました。
    メーカーに無理を聞いてもらって特別に企画して頂いた商品もいくつかあります。
    我ながら良い仕事が出来たと自負しております。(プライベートは災難ばかりでしたが・・・)

    今までの海外出張と大きく違うのはPITTIだけでなく、パリで行われる展示会Premiere Classe、WHO’S NEXT、Pret a Porter Paris、MAISON&OBJETなどの展示会に初めて行ったことです。
    パリでの展示会はクラシコイタリアとはほとんど関係のないファッションの展示会ですので、今まで行ったことがなかったのですが・・・
    しかし、行ってみてホントに刺激になりました!
    Cinq essentiel【サンクエッセンシャル】で取り扱う商品を見つけることも出来ましたし。
    今後も機会があれば、是非行きたいと思います!

    海外出張には高い費用が必要となります。
    しかし、日本に居ながらでは得られない、現地の空気、彼らの文化。
    そして作り手と会話を交わすことによって感じられる情熱。
    それが、私たちが提案するファッションに少なからず影響すると信じてやみません。

    私の留守中、開店準備が進みませんでしたので楽しみにお待ち頂いているお客様には大変ご迷惑をお掛け致しました。
    それでもblogをご覧下さっていたお客様に改めてお詫びと御礼を申し上げます。
    申し訳ございません、そして本当にありがとうございます。

    この海外出張レポートは、これから暇を見つけて加筆・修正を加えて仕上げていきます。
    しばらく時間が掛かると思いますが、気長にお待ちくださいませ。
    「Cinq essentiel blog」「cinque classico diary」「行雲流水~思いつくままに~」「花は半開、酒は微酔」と合わせてお楽しみ頂けるように致しますので、お楽しみに。

    「」
    「」
    「」
    「」

  • 1月18日(月) MILANO SHOWROOM

    Posted on Jan 19, 2010

    朝一、Alpo【アルポ】のショールームを訪れました。
    DSC01502
    Cinq essentiel【サンクエッセンシャル】で展開予定のメンズ・レディスのグローブを選びます。
    デザイン性が高く、バリエーションが多いので選び甲斐がありますね~
    ショールームにはアルマーニやクリスチャンディオールのOEMをした資料が展示されていました。

    FRANKDANIEL【フランクダニエル】。
    DSC01508
    ホテルの一室を借りて展示会が行われています。

    圧巻の世界観、Altea【アルテア】。
    DSC01514
    DSC01515
    日本ではネクタイ・ストールが中心の展開ですが、MILANOではニットを展開しているセレクトショップを良く見かけます。
    カラフルな色、一捻りしたデザイン、良心的な価格と市場に受ける要素が多いのが要因でしょうね~
    当店も検討の価値ありです!

    大きな通りに面して大規模なショールームを構えるBOGLOOLI【ボリオリ】。

    DSC01516
    DSC01518この規模だけでもこのブランドの勢いが分かりますね~
    ロシア、ポーランド、ポルトガルなどのバイヤーもたくさん訪れて盛況でした。
    モードブランドを展開しているお店でも取り扱われているケースも多いようです。

    その後はまだ回れていないショップ巡りを。
    ミラノで最も有名なセレクトショップと言っても過言ではない10 Corso Como【ディエチコルソコモ】。
    東京の青山にもありますが、ここは規模が違います。
    この世界観は他では味わえませんね~
    「ジャンルは違うけどやっぱりスゴイわぁ」と思わされました。

    ディエチコルソコモの並びにあるBoule de neige【ボウレデニエジェ】。

    古着のリメイクでも有名なERAL55【エラルチンクアンタチンクエ】。
    日本人スタッフも居て安心してショッピングができるお店です。

    やはりミラノのお店はディスプレイのレベルが高いです。
    アイデアの豊かさ、頭の柔らかさには感心させられっぱなしでした~

  • 1月17日(日) MILANO SHOWROOM

    Posted on Jan 18, 2010

    本日はまずショールームBreramode【ブレラモーダ】へ。
    DSC01475
    イタリアのほとんどのお店や会社は日曜日は休みですが、日本人バイヤーが多く訪れるシュールームですので、日曜日も営業しているようです。

    ココではストールのブランドEPICE【エピス】をオーダーします。

    アーティスティックな柄が印象的。
    誰でも取り扱いできるブランドではありませんし、日本に居ながらでは発注が不可能ですので、思い切って発注!

    PITTIでも拝見しましたがTATRAS【タトラス】のショールームにお邪魔しました。
    DSC01478
    DSC01479
    やはりコチラの方が世界観が伝わりやすいですね~

    TATRAS【タトラス】のショールーム横でこんなブランドを見つけました。
    la tua【ラトゥア】です。
    イタリア在住で画家でもある日本人女性がつくるアクセサリーです。
    Cinq essentiel【サンクエッセンシャル】で展開出来るかどうか、要検討・要交渉ですね~

    WHITE HOMME【ホワイトオム】。
    DSC01480
    PITTIで見かけた日本人の有名バイヤーの多くがコチラにも訪れていました。

    ショールームや展示会で見る全てのブランドを取り扱う訳ではありませんが、たくさんのブランドの提案を見ることは刺激になります。
    ここまで足を運ばないとお目にかかれないブランドもたくさんありますので!

  • 1月16日(土) MILANO視察

    Posted on Jan 17, 2010

    今日はミラノ市内の市場調査のためセレクトショップを中心に視察して回ります。
    まずはP.TA GENOVA周辺から。
    DSC01456

    モード系のセレクトショップANTONIOLI【アントニオーリ】。
    DSC01458
    店内のディスプレイと店員さんがメッチャカッコよかったです。
    是非とも参考にさせて頂きます~

    そのまま徒歩でTICINESEを歩いて散策。
    DSC01459
    オシャレで手の込んだディスプレイをしているお店がたくさん並んでいます。

    LEONでもお馴染みBIFFI【ビッフィ】。
    DSC01463
    DSC01464

    Al Basar【アルバザール】。
    あのリーノ氏もいらっしゃいました。
    DSC01466
    JACOB COHEN【ヤコブコーエン】の品揃えが充実。しかしほとんどJ610でした。

    その後Gemelli【ジェメッリ】を見る予定でしたが、昼休みに入ってしまったため、一旦ドゥオモ周辺に戻ることに・・・
    イタリアの個店では13時~15時もしくは16時まで昼休みをとるお店が多いようで・・・

    BRIAN&BARRY【ブライアン&バリー】。
    DSC01471
    BARBA【バルバ】、INCOTEX CINQUETASCHE【インコテックスチンクエタスケ】、BOGLIOLI【ボリオリ】など当店と同じ取り扱いブランドも多く、スタイリングの提案も近いモノがあります。
    見せ方はもっとモードっぽいんですけど、どことなく似ている雰囲気・・・

    Vannucci【ヴァンヌッチ】のS.BABILA店。
    JACOB COHEN【ヤコブコーエン】、PT01【ピーティーゼロウーノ】、AERONAUTICA MILITARE【アエロナウティカミリターレ】など当店と同じブランドも多いですが、もう少し年齢層が高めなイメージ。

    EDDY MONETTI【エディモネッティ】。
    クラシコイタリア協会にも加盟していました。
    コチラも年齢層は高め。

    ISAIA【イザイア】の直営店。
    昨年新しくオープンしており、私も初めての訪問。
    2階のフロアが広く、日本では展開されていないニット、靴、小物までフルラインナップが揃います。
    ただのクラシックでもモードでもない提案が刺激的でした~

    その斜め向かいにはCruciani【クルチアーニ】。

    Kiton【キトン】、Brioni【ブリオーニ】、STEFANI RICCI【ステファノリッチ】など圧巻の品揃えのCASTELLANI【カステッラニ】。

    エマニュエル2世のガッレリアの出口付近にあるBorsalino【ボルサリーノ】。
    レディスも充実しています。

    コチラもガッレリア近くにあるLUIGI BORELLI【ルイジボレッリ】の直営店。

    遅めの昼食を軽く摂った後、CADORNA周辺まで地下鉄で移動します。
    ミラノのセレクトショップで私が最も好きなCuratolo【クラトロ】。
    DUVETICA【デュベティカ】、BOGLIOLI【ボリオリ】、DANOLIS【ダノリス】、JOHN SMEDLEY【ジョンスメドレー】などを取り扱い、クラシックなアイテムを揃えながらもモダン・カジュアルに提案するお店。
    ミラノを訪れる度に訪問していますが、初めて生でオーナーのマウロ氏をお見かけしました。感激です!

    その後お昼に行きそびれたGemelli【ジェメッリ】へ行きました。
    メンズ・レディスの品揃えもさることながら子ども服が充実。
    RALPH LAUREN【ラルフローレン】、ASPESI【アスペジ】、MONCLER【モンクレール】など品揃えが圧巻です。
    しかも訪れた時期はセールでしたので、買わずにはいられません!

  • 1月15日(金) PITTI IMMAGINE UOMO【ピッティ イマジネ ウォモ】MILANOへ移動

    Posted on Jan 16, 2010

    朝一、フィレンツェ市内にあるDr.Vrajues【ドットールヴラニエス】のお店を探しに行くことに。
    出国前に住所を教えて貰っていましたので、地図で調べて迷わず見つけることが出来ました。
    DSC01420

    お店の奥には工場らしき設備が見えました。
    ルームフレグランスのバリエーションがとにかく豊富に揃います。
    DSC01424

    日本では未入荷のシャンプー、ボディローションなどもありました。
    DSC01425
    私とウチヤマはその日本未入荷の商品の中からハンドクリームをお土産に購入。
    リリーの香りがほんのりとやさしく香ります。

    そして本日もPITTIの会場へ。
    本日は最終日と言うこともあり、来場者は昨日に比べ少ないようでした。
    これくらい少ない方が私たちは動きやすくて良いんですけどね~

    JHON SMEDLEY【ジョンスメドレー】のブース。
    昨年とは少し赴きの変わったカラーが充実しています。
    また今秋冬も全色展開決定でしょう~
    DSC01439

    Felisi【フェリージ】。
    今春夏から当店で新たに展開いたしますが、展示会にはオールレザーのニューモデルが登場していました。

    INCOTEX RED【インコテックスレッド】。
    2009年にデビューしたINCOTEX【インコテックス】のカジュアルラインですが、基本的にはPITTIでしか発注できないブランドだそうです。
    入場に対しての規制も厳しく、代理店の方のアテンドなしでは入れないことも。

    程好く加工されたパンツは風合いがあります。
    2009年秋冬にはほとんど店頭に並ぶ前に売り切れてしまったと言うジレ。

    その後、ひとしきりCINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】用の商品を発注し、力を使い果たして疲れた私。
    PITTI会場を後にし、会場外で食事を摂りました。

    そして、空いた時間を使いFIRENZE市内を散策します。

    紳士・婦人・子ども服を展開するRaspini【ラスピニ】。
    DSC01444
    昨年コチラでAERONAUTICA MILITARE【アエロナウティカミリターレ】の子供服を購入しましたが、今年も購入!
    少し大きめですが、子どもが着られるようになるのが楽しみです。

    夕方17:00の列車でMILANOに移動しました。
    FIRENZE-MILANO間は以前より早くなったそうで、1時間45分で移動が出来ます。 list of websites .

  • 1月14日(木) PITTI IMMAGINE UOMO【ピッティ イマジネ ウォモ】

    Posted on Jan 15, 2010

    今日は朝からPITTIの会場へ。
    PITTIへ入るには受付で名刺を渡すか用紙に記入をしてIDカードを作って貰います。
    ちなみに入場料は€25。
    この入場料さえ支払えば、きっと誰でもPITTIに入れるんじゃないでしょうか。
    名刺なんて適当に作れますからね~

    この日、PITTIは3日目でそこそこ人手は多いように感じましたが、取引先の方々の話では「2日目はもっと人が多かった」とか「2010春夏の時よりは盛況」との声を良く聞きました。
    一時は不況の影響でPITTI離れが顕著でしたから、少しは景気が戻ってきているのでしょうか・・・

    またブランドの入れ替わりが多くあったように思います。
    特にCLASSICO ITALIAから抜けてしまったブランドが多いのはとても残念ですが・・・
    しかし、これも時代の移り変わり。ファッションですから当然のことなのでしょうね。

    フィレンツェに直営店もある帽子ブランドGREVI【グレヴィ】。
    DSC01391
    メンズ、レディスともに良さそうな帽子がたくさんありました。
    DSC01388

    只今人気急上昇中のダウンジャケットブランドTATRAS【タトラス】。
    DSC01397
    実はセールスマネージャーのパオロ氏とは以前から顔見知りなんです。
    DSC01398

    J.W.BRAIN【ジェイダブリューブライン】。
    ブース内にボクシングのリングが。

    Altea【アルテア】。

    定番のネクタイ、ストール以外にもウェアが充実していました。

    INCOTEX RED【インコテックスレッド】。
    2009年にデビューしたINCOTEX【インコテックス】のカジュアルラインですが、基本的にはPITTIでしか発注できないブランドだそうです。
    入場に対しての規制も厳しく、代理店の方のアテンドなしでは入れないことも。

    程好く加工されたパンツは風合いがあります。
    2009年秋冬にはほとんど店頭に並ぶ前に売り切れてしまったと言うジレ。

    【スチアンコル】の三浦氏が手掛けるTOSHI MIURA【トシミウラ】。
    TOSHI MIURA【トシミウラ】としての日本国内の卸売りはしないそうですが、凄く気になったショートコートがありましたので、【スチアンコル】として展開して頂けるようにお願いしてきました。

    フェアアイル柄のニットJamison’s【ジャミーソンズ】。
    メンズもレディスもしっかり発注してきました。

    昨年までと違い、CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】とCinq essentiel【サンクエッセンシャル】の2店分のブランドの展示を見て回らないといけませんので、時間が全く足りませんでした。
    昨年は時間を持て余したくらいでしたが・・・
    「来年以降はもう一日早くフィレンツェに入ろうかな・・・」なんて考えてしまいましたよ~ domain generator cheap accommodation

  • 1月13日(水) 出国 関空出発 FIRENZE到着

    Posted on Jan 14, 2010

    こんばんは。店主のフジワラです。

    出張準備はいつも先日の夜に行います。
    何事もギリギリにならないとやらない性格なのです。
    しかし、いつになくスムーズに終わりまた。
    流石に少しは慣れてきたようです。

    また起床も遅れることなくスムーズに目が覚めました。
    子どもが幼稚園に行き始めてからは、毎朝「いってらっしゃい」を言うために早く起きる習慣がついていますから。
    いつもと違うのは子どもと一緒に玄関を出たこと。
    幼稚園バスのバス停までお見送りしてから、関空へ向かいます。

    今回、両替は前日に済ませておきました。
    €1=¥137.27
    £1=¥160.01
    前回よりも確実に上がっています・・・

    関空への到着はフライト予定時刻の約1時間半前。
    チケットを予約して貰う時、すでにチェックインを済ませて貰っており、座席も指定してありますから、必要以上に早く来なくても大丈夫なのです。
    ちなみに座席の予約は通路側がおススメ。隣の人を気にせず、立ち歩くことが出来ますので。
    窓からの景色は見えませんが、長時間のフライトですから、トイレに立ったり、飲み物を貰いに行ったりと自分のペースで行動が出来た方が疲れません。

    ちなみに1時間半前に着いてもあまり時間は余りません。
    荷物を預けたり、手荷物の検査を受けたり、出国の手続きなどはその度に列に並んで待たされますから、込んでいたりするとギリギリになってしまうくらいです。
    しかし、今日はスムーズにいきました。
    搭乗口近くで、恒例の食事を摂って飛行機に乗り込みます。
    DSC01366
    飛行機はAIR FRANCEです。

    最初の目的地はフィレンツェなのですが、日本からフィレンツェまでの直通便はありません。
    そのため、どの航空会社を利用しても、乗換えが必要です。
    ミラノやローマで乗り継いで行くのも、パリで乗り継いで行くのも時間的にはそう変わりませんから、いつも安い航空会社を選んでチケットを取って貰っています。

    まずは関空からパリ・シャルルドゴールまで約12時間。
    乗り換えに約2時間。
    シャルルドゴールからフィレンツェまで約2時間。
    やっとホテルにチェックインするのには自宅玄関を出た時間から約22時間が経過していました。
    長い道のりですね~

    軽く食事を摂った後、時差ボケでどうせ眠れないってことで、街中をブラブラ。
    歩いて土地勘を思い出していきます。

    夜に見るドゥオーモも神秘的で良いですね。
    DSC01375
    で、ひとしきりブラブラした後、特に眠くなった訳ではありませんでしたが、明日からに備えてホテルに戻りました。

  • 2010年1月 海外出張レポート

    Posted on Jan 12, 2010

    私自身、今回で5回目を迎える海外出張。
    今年は1月13日(水)に出発致します。

    これまでと違うのはこのCinq essentiel【サンクエッセンシャル】のための商品も手配しなければならないと言うこと・・・
    フランス・パリには何度か訪れたことがありますが、パリで行われる展示会には行ったことがありませんので・・・

    PREMIERE CLASSE【プルミエールクラス】やWHO’S NEXT【フーズネクスト】など聞いたことはあってもCINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】とはジャンルが違うため、わざわざ日程を合わせてまで行くことはしませんでした。

    しかし、今回は勉強のためにもフィレンツェのPITTIだけでなく、パリで行われる展示会にも日程が合うようにスケジュールを組みました。
    そのため、2週間を超える長期出張になってしまったのです~

    出張にはパソコンを持ち込んでリアルタイムで海外出張レポートをする予定。

    また、
    CINQUE CLASSICOのblog「cinque classico diary」
    店主 藤原義広のblog「行雲流水~思いつくままに~」
    CINQUE CLASSICOのスタッフ 内山敦樹のblog「花は半開、酒は微酔」
    でも、それぞれの海外出張レポートを致しますので、合わせてご覧くださいませ。

    なお、予定しているスケジュールは以下のとおりです。

    <スケジュール>
    1月13日(水) 出国 関空出発 FIRENZE到着
    1月14日(木) PITTI IMMAGINE UOMO【ピッティ イマジネ ウォモ】
    1月15日(金) PITTI IMMAGINE UOMO【ピッティ イマジネ ウォモ】MILANOへ移動
    1月16日(土) MILANO視察
    1月17日(日) MILANO SHOWROOM
    1月18日(月) MILANO SHOWROOM
    1月19日(火) LONDONへ移動 NORTHAMPTONへ
    1月20日(水) LONDON MAKER廻り
    1月21日(木) LONDON MALER廻り
    1月22日(金) PARISへ移動 展示会廻り
    1月23日(土) PARIS 展示会廻り
    1月24日(日) PARIS 展示会廻り
    1月25日(月) BRUXELLESへ移動 (ウチヤマ帰国)
    1月26日(火) BRUXELLES視察
    1月27日(水) ANTWERPEN視察
    1月28日(木) 帰国 BRUXELLES出発
    1月29日(金) 関空到着

    スタート→

    神戸三宮フレンチカジュアルセレクトショップ「」
    神戸三宮クラシコイタリアセレクトショップ「」
    店主 藤原義広のblog「」
    CINQUE CLASSICOスタッフ 内山敦樹のblog「」 car rental .